So-net無料ブログ作成

「ONE PIECE」がハリウッドで実写ドラマ化決定!!気になるキャストは? [映画]

常に話題になっていたテーマ

「漫画「ONE PIECE」の実写化」

・ルフィの迫力
・ゾロのカッコよさ
・サンジのエロさ
・ナミの可愛さ・セクシーさ
・チョッパーの可愛さ
・ロビンの謎めいた妖艶さ
・フランキーのロボット感
・ブルックのホネ骨感

など、実写化できないんじゃないかと、常に話題になっている2017年。

「ONE PIECE」が、20周年を迎える。


ハリウッドで、実写ドラマ化が決定!!!


人気漫画「ONE PIECE」がハリウッドでテレビドラマ化されることが21日、分かった。

同日、東京・芝公園の「東京ワンピースタワー ONE PIECE LIVE ATTRACTION」にて開催された「週刊少年ジャンプ」連載20周年記念イベントで同誌の中野博之編集長から発表された。

 人気ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたマーティ・アデルスタイン氏率いるトゥモロースタジオの制作で海外ドラマ化される。
中野編集長は「テレビシリーズの実写化が一番『ONE PIECE』にふさわしい」と高らかに宣言した。

 マーティ・アデルスタイン氏は
「私は20年間にわたる『ONE PIECE』のファンです。 今回、集英社と(原作の)尾田氏がこのような大切な作品の実写ドラマ化を私たち『トゥモロースタジオ』に託してくれたことに大変光栄に思います。 私の持っているすべてをかけて、『ONE PIECE』シリーズを絶対に成功させる意気込みです。本作品はテレビシリーズ史上、最も制作費が高い作品になると思います。 そして、世界中からの注目度を考えると、このような規模の制作費を投じるべき価値があると考えています」
とコメントを寄せた。

作者の尾田栄一郎氏(42)は、
「この20年間に実写映画化の話はいくつもありました。 僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を迎える今日、その制作発表に至ったのは、実は偶然であり、とても嬉しく思います」
とコメントした。

中野博之編集長は、
「まず『20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事。』これが僕からの条件です」とし、「不安な声もあるでしょうが、どうか期待の声をください。そして、胸を躍らせ、続報を待ちましょう。お楽しみに!!」
と呼び掛けた。


いよいよ、ONE PIECEも実写化になる。
注目のキャストは、誰になるんでしょうね。


期待半分・不安半分ってとこですかね。
でも、尾田さんは、3年越しの企画とおっしゃってますし、面白くなりそう。
ウォーキングデッドのようにシリーズ化して、ロングヒットして、話題になることを期待しましょう!!
しかし、ドラゴンボールのようには、ならないように願っています。(切実)

すでにUSJで実写化していて、大好評なので、期待していいかもしれないですね!


実写化といえば

2017年7月、最近実写化し映画が放映されているのが、「銀魂」。

実写化すれば、
・登場人物とキャストが、一致しない
・ストーリーが変
・面白くない
など、厳しい意見が多いのが現状だ。

しかし、「銀魂」は、順調なスタートを切った。
7月14日より公開され、興行収入が、公開からわずか4日で9.8億円超えしているという。

鑑賞者の満足度も高く、『銀魂』鑑賞者に向けて週末実施した満足度調査によると、22歳以下の女性においては5段階評価で4以上と答えた人が90%を超えた。全鑑賞者においても80%を超えるという。

「映画館でこんなに笑ったのは初めて」
「久々に大勢いる映画館で声出して笑った」といった声を中心に、
「最初は笑い転げてたけど、最後は泣けた」
「観客を爆笑に巻き込み、下品のドン底に突き落とし、泣ける感動を与えた作品」
といったコメントも寄せられているという。

さらに、
映像配信サービス「dTV」で公開中の人気コミック実写映画「銀魂(ぎんたま)」(監督福田雄一)のオリジナルドラマ「ミツバ篇」が、配信初日に同サービス歴代1位の視聴数を獲得したことが分かった。
第1話のユーチューブ再生回数は3日間で200万回再生を超えるなど反響を呼んでいる。


コミック原作の実写化映画は、他にも多く公開されている


・『HK/変態仮面』
・『ツレがうつになりまして。』
・『MW-ムウ-』
・『デスノート』
まだまだ、たくさんありますね。

これから、公開される作品は、
・『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)
・『鋼の錬金術師』(12月1日公開)
・『BLEACH』(2018年夏)
・『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)

など、面白そうな作品が目白押しだ。
やはり、注目は、ハガレンだろう。
原作のストーリーもキャラクターもとても素晴らしい作品だ。
やはり、映画館に行って見ようと思う。


ONE PIECEも、原作の先入観を持って見ると、残念感が大きいかもしれないので、
素直にその世界に入り込むと楽しめると思うので、
素直に見ることをお勧めします。

私自身もONE PIECEバカです(笑)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。